感じセンターと酸素中での燃焼の検証などについて

燃焼などについて育成をしました。すっごく意気込みや輝きを出しながら出る酸素との組み合わせ(酸化)を燃焼といいます。集気持ちびんの中でエタノールを燃やします。石灰水の応対は、二酸化炭素ができます。塩化コバルト用紙の応対は、水ができます。エアー中よりも酸素中のほうが、熱く燃焼します。スチールウール(鉄)でやれる物体は、酸化鉄ができます。マグネシウムで見込める物体は、酸化マグネシウムができます。木炭(炭素)でできる物体は、二酸化炭素ができます。硫黄で行える物体は、二酸化硫黄ができます。ガスが発生しない応対と発生する応対があります。燃焼によって行える物体は、酸素と結びついた分だけ原料の物体より重くなります。鉄のタイミング、減らすとエアー中の酸素と結びついて酸化鉄ができます。燃焼後は組み合わせした酸素の分だけ重くなります。燃焼によって見込める物体がエアー中に止めるので、原料の物体より軽くなります。知らないことを育成できて良かったと思います。脱毛ラボ 3980円