衛星のことと台風の目などについて勉強した

衛星などについて学習しました。可視フィルムはお日様の反照明かりを見ているから夜間は見えず、また昼でも時間・季節によってアングルは異なってきます。これに対して赤出先フィルムでは、地球からの赤出先放出を見ているので、夜間でも観測できます。台風にともなう風の強さは、一般に主役から50〜100kmのところでとにかく激しく、それより中心に近づくと急に振りが弱くなって、時として青空や星の映ることもあります。直径30〜50kmほどの台風の主役界隈を台風の目とよんでいらっしゃる。日本のウエザーのポイントは1歳を通じて向上に富み、四季の内訳がはっきりしていることです。これは我が国が中緯度の偏西風帯に属し、上層に硬いジェット気流があることと、アジア大陸の東岸に沿って位置していることによります。顕著な梅雨のカタチや冬の季節風の拡大には、ヒマラヤ・チベット山塊の煽りが考えられています。このようなことを覚えましたが、知らないことも知れて良かったなと思いました。ミュゼ カウンセリング 変更